釧路で保険を考えるなら、ながお保険・アフラック保険ショップへ。ほけんの見直し・お手続きなど、ゆっくりじっくりご相談いただけます。

自然災害の時、頼れる火災保険!

2015年10月10日 更新


近頃、各地で自然災害が増えていますよね?

地球の温暖化が影響していることは言うまでもありません。

もしも、自分の建物に災害が起こってしまったらどうしますか?

そこで、役立つのが火災保険です。

火災保険はその名の通り、火事の時にしか対象にならないと思ってる方も

多いのではないでしょうか。

実は火事だけではなく、台風・落雷・水災など、建物への損害に対して

修理代金をお支払いするというように、かなり保障の幅が広いものに

なっています。

先日、北海道に台風が上陸しさまざまな被害がありました。

暴風で屋根がはがれたり、煙突が折れたり、シャッターがめくれて破損したり

このような損害にも火災保険は有効なのです。

災害の種類や損害箇所によって免責が付いている場合もありますが、基本的

には修理代金を支払うように設計されています。

しかも、支払われたお金は何に使ってもよいのです!!

例えば、自宅に住めなくなってしまったら、支払われたお金を当面の生活費に

したり、別の所に住んだり、使い道は自由なのです。

建物の火災保険に2000万円近くの保障を付けていた場合、

全損で2000万円を受け取れるのです。

ちなみに毎月の保険料は建物だけだと2000円~3000円程度の

少額で済むので加入しておく価値はあると思います。

まだ、加入されていない方がいらっしゃいましたら、

ご検討されてみてはいかがでしょうか?

ページ上へ